NEWS RELEASE ニュースリリース

ALL NEWS

会宝通信メールマガジン

こんにちは、近藤です。

お盆休み中にナイジェリアとケニアへ出張してきました。アフリカは何度か訪れてますが、ナイジェリアは初めてです。

治安面でよくない話を聞き、多少の不安を抱えながらの出張でしたが、お会いしたのが素晴らしい方々だったため、当社のビジネスにとって大きなチャンスを得ることができたと感じています。

昨年4月、UNIDO(国連工業開発機関)本部から当社へ視察に来られたメンバーの中に、ナイジェリア事務所の代表である、松下さんという日本の方がいらっしゃいました。

「日本車がこれだけ多く海外で走っているのだから、私たち日本人が、最後の処理するところまでやらなくてはならない」という私の意見に、松下さんから「ぜひ、ナイジェリアでもそのプロジェクトを進めてほしい」と力強い言葉をいただいてました。

当初、この出張はケニアを訪問するだけの予定でしたが、たまたまこれを知った松下さんから、[ケニアへ来るのであれば、ぜひナイジェリアまで足をのばして欲しい」というご依頼もあり、お言葉に甘えることにしました。

ナイジェリアの首都はかつてラゴスでしたが、急激な都市化により機能に障害が出てきたため、1991年、ちょうど国の中心にあたるアブジャに首都を移転したそうです。

街が新しいためか、広い道路が整備されており、緑も多く、将来の発展を予感させる都市でした。
UNIDOのアレンジで自動車連盟本部、および使用済自動車の解体現場、部品街を訪問しました。

私が数年前行っていたのと同じ方法で車輌を解体する光景を見て、適切な処理の必要性を痛感しました。

自動車連盟ではモータリゼーション化が加速度的に進むとみて、先進的なリサイクル工場の設置を検討しているそうです。

ナイジェリアで共通して聞いた意見は「日本に対して大きく期待しているに、やって来る人が少ない」ということです。

「これからアフリカは成長する。そのために日本からの技術を取り入れたい。しかしながら、日本は引きこもってしまってる」 私たちはこの期待に応えなければならない、と決意を新たにした出張でした。

こんにちは、近藤です。

梅雨明けから一気に盛夏 となり、暑い日が続きます。私は一足お先に常夏のタイ・バンコクへ行ってきました。当社の現地法人を設立してから年に1,2回は訪問しています。

今回はタイ現法のお取引先と食事をする機会がありました。嬉しいことに、当社が今年に入って展開し始めたエンジンの品質表示規格(JRS・Japan Reuse Standard)に対し高い評価をいただきました。日本の他社から仕入れている分も、すべて当社から仕入れたいと要望されたほどです。なんと、現在の販売量の5倍になります。

JRSは中古エンジンの品質が客観的に評価できるよう、圧縮比、走行距離など6項目の品質を定量化し、グラフにしたもので、どの車輌から、いつ取りだされたエンジンなのかが一目でわかります。

日本から発生する中古エンジンはいかに品質が良いといっても、やはりそれぞれに違いがあります。JRSはお客様が安心して購入できるよう、エンジン1台1台の品質を明らかにしました。

この品質表示規格を当社1社だけが扱っているのではあまり意義がありません。これは規格のひとつですから、より多くの同業者たちがJRSに理解を示し、参加され、JRSタグのついたエンジンが普及してはじめて、「規格」といえるものです。

私はこのJRSに格別の期待を抱いてます。製造業を「動脈」例えると、当社のようなリサイクル業は「静脈」と言えます。循環型社会とは動脈と静脈がバランスよく回転して成立するものです。今はまだ「静脈」は産業といえるほどのものではありません。

しかしながら、JRSの普及は自動車リサイクルの分野において、新しく「規格」が作られることとなり、これが広まっていけば、静脈産業として確立していくのではないかという期待です。今回はこうした期待が大きく膨らむ訪問でした。

ところで、タイ料理はおいしいですね。トムヤンクンにしても当初は辛いなあと感じていたのですが、今は辛くないと味気ない。パッタイという麺も大好きです。こうした食事も出張の楽しみの一つです。

こんにちは、近藤です。

 この会宝通信5月号で電気自動車プロジェクトがスタートし、6月末にはその試作車が完成する予定であることをお伝えしました。当社に入庫される使用済み自動車のエンジンを取り外し、電気モーターを組み込むことで「コンバートEV(電気自動車)」を生産しようとする試みです。

 改造キットを使うので、それほど難しいものではないだろうと考えていたのですが、何事も最初はスムーズに行くものではなく、モーターの組み込み作業は悪戦苦闘です。

 それでも、何とか予定通りに6月末に試作車を完成させることができました。多少自慢にはなりますが、弊社従業員の溢れる熱意と、その能力の高さを示しているのだと思います。生産の指導にこられた本田様(※1)も講習なしでここまでできるとは素晴らしいことと褒めていらっしゃいました。

 さて、6月28日にニュース・リリースしたのですが、この「コンバートEV」の説明会および試乗会を7月7日に行います。説明会にはRUMアライアンス(全国自動車リサイクル事業者連盟)のメンバーが同席します。私が代表を務めているRUMアライアンスは、環境理念を基本に活動する内閣府認証のNPO法人です。

 EV事業は会宝産業だけがやるものではありません。EV事業への参入を後押しする「スモールハンドレッド協会」はその名の通り、環境を考える多くの企業の参加を求めています。

 われわれ自動車リサイクル業者の集まりであるRUMアライアンスはコンバートEVの元となる車輌供給者として重要な地位を占めるようになると考えています。数年後に、世界の街中でコンバートEVが走り、CO2削減に大きな貢献をしている未来を、皆さまと共に創造したいと心から願っております。

※1 本田様は、有限会社本田商会の社長であり、著名なEVコーディネーターです。
 

こんにちは、近藤です。以前から付き合いのあるイースクエア(東京)が事務局となって昨年に立ち上げた「環成経」ネットワークの会合「第2回グリーンビジネス塾」を6月21日(月)に金沢市内で行います。

環成経は、「グリーンビジネスで日本を変える地域ネットワーク」で、グリーンビジネス(環境によいビジネス)の創出を通じて、地域から日本を活性化していこうという企業の集まりです。私は北陸地区の発起人になっています。

今回のグリーンビジネス塾では、これまで会宝産業が築き上げてきたKRAシステム(自動車リサイクル事業者向け総合管理システム)やJRS(中古自動車部品の品質基準)、そして海外61ヶ国に広がる販路を活かしたビジネスモデルをご紹介する予定です。1社ではできないこともネットワークを組めば可能になります。環成経を通じて同じ志を持つ仲間を増やしていきたいと考えています。

当日の詳細プログラムについては下記URLをご覧ください。
http://www.kanseikei.net/assets/files/GBL/program_GBL2_kanazawa.pdf

グリーンビジネス塾は、会員向けの会合ですが、グリーンビジネスに興味があって試しに参加してみたいという方がいらっしゃったら事務局までお問い合わせください。初回は会費なしでご参加頂けます。会合終了後の懇親会も楽しみです。

日時: 2010年6月21日(月) 14:00~18:00
開催場所: 石川県金沢市 石川県地場産業振興センター 第6研修室(3F)

問い合わせ先: (株)イースクエア 環成経事務局
〒105-0003 東京都港区西新橋3-23-12 第二山内ビル3F
tel:03-5777-3261 / fax:03-5777-6735
URL: http://www.kanseikei.net/

こんにちは、近藤です。

今、PCを目の前にしている方は(そうでない方は後ほど忘れずに)、当社ホームページご覧ください(http://www.kaiho.co.jp)「会宝産業」で検索していただくとトップに出ます。 
ホームページの最初に黄色いボールを抱えた笑顔の写真とその真中に「WE ARE GENKI MAKER」が出てきますのでクリックしてお進みください。

詳しい説明はホームページに譲るとして、私はかねてより、今、私が活動しているコンセプトをできるだけシンプルに皆様へお伝えするにはどうすれば? ということをずっと考えていました。

そんな中で、3月の半ばごろ、タテマチ大学を運営されている株式会社ヴォイスの宮川社長からまさにピッタリの提案をいただいたのです。それが、このライスプロジェクトです。

「すべて世界中を元気にするために」 自動車リサイクルは私の事業の根幹ですが、環境問題を考え、農業をやり、電気自動車に取り組もうとしているのはまさしくこのためです。僭越かもしれませんが、当社の経営理念の中に「私は会宝産業を幸せの発信基地として、全世界に良い影響を与える」という一文があります。このライスプロジェクト(http://www.kaiho.co.jp/jp/sp/project/project.html)はその思いを見事に現実のものとしてくれました。

お取引先の方々の協力もあり、おかげさまで笑顔の写真は順調に増えてきてます。先日は英語版のニュースレターを読んでいただいたナイジェリアのお客様から、ぜひ協力したい、そのためにカメラを購入した、と頼もしいメールをいただきました。

今月に入って、私は元気ライスプロジェクトのページを毎日チェックしています。笑顔がどんどん増えていくのがうれしくてなりません。やはりたくさんの笑顔がならぶ写真はいいですね。気持ちを和らげてくれます。また、こうしてご協力いただく方々があって、このプロジェクトが進んでいくということを実感できます。年内には10000スマイル掲載してお米を届けようと思ってます。皆様ぜひともご協力お願いいたします

 こんにちは、近藤です。2月の当社「感謝の集い」の挨拶で、私は「今年、電気自動車に参入します」と宣言いたしました。新たに生産しようというのではありません。自動車リサイクル業だからこそできる、ガソリン車からEVへの改造車です。

 4月12日、その電気自動車プロジェクトが始動しました。改造EVの普及を推進している東京大学の村沢特任教授、改造キットを作られている長岡市の本田さんにご来社いただき、世界のEV事情、改造EVの現況・推進方法、当社の対応方法などについて話し合いました。

 村沢教授は改造EVの事業化に向けた「スモールハンドレッド協会」(ビッグ3に対抗して名付けたそうです)をこの6月にも設立されます。車両整備業者、ガソリンスタンド、機械部品メーカーなどのEV事業への参入を後押しし、改造EVの買取制度や自治体、郵政、公営企業などへ利用働き掛けを行う予定だそうです。

 リユース可能な車両が毎日のように入庫される当社の事業環境はEV改造に最適です。解体作業ではなく、エンジンからモーターへの置き換え、コントローラー、バッテリー、電気系メーターなどの作業をするわけですが、この生産は、現存するものを活用することで資源を節約し、EVに改造することでCO2削減に貢献する、そしてこのEV普及が我々のビジネスにもつながるという、まさしく好循環の環境を生み出すものなのです。

 改造EVの走行距離は鉛バッテリーで40㌔程度と、まだまだ技術的な改良の余地はたくさんありますが、6月末までには軽自動車の試作車を完成させ、ナンバー登録して公道を走る予定です。そして、「このクルマはEVです」と一目見てわかるような外見にするつもりです。私の毎日の通勤に使おうかなどとも考えています。

 この改造EVは市販します。ご興味のある方は当社までご連絡ください。

 こんにちは、近藤です。2月26日から3月3日までバングラディシュの首都、ダッカへ行ってきました。
 昨年の9月に訪問してから間もないのですが、今回はアライアンスフォーラム財団の原丈人氏による企業視察団への参加です。
 
 同財団は、民間を活用した途上国支援を行っています。経済的に自立可能なプロジェクトを立ち上げ、民間事業を構築することで、貧困問題の解決を目指しており、バングラディシュにおけるbracNet プロジェクトはその成功例として注目を集めています。
 
 私は原丈人さんを著書「新しい資本主義」で知り、その考えに共鳴していました。今年1月、JICA主催のセミナーで原さんがスピーチすることを偶然知り出席、そこでこの視察団があるから参加してはどうかとのお誘いを受け、訪問することにしたのです。
 
 私は自動車リサイクルの分野で、ビジネスを通じて地球環境に貢献しよう、日本の中古車が途上国において、放置車両となるようなことは絶対にあってはならないと考えています。原さんが展開しているアライアンスフォーラムの理念は、私が考えていることと大きな違いはないと思っていました。
 
 今後、自動車リサイクルを世界に広げていくには、現実に途上国において事業を行っている原さんたちの活動を目にすることが重要と感じて参加しました。視察中、折に触れて原さんの考えを聞いたのですが、世界に必要とされ、真の意味で豊かな日本、豊かな世界の実現に貢献したいという考えは、私の思っていた通りでした。今後、自動車リサイクル事業を進めていくうえで、アライアンスフォーラム財団が一つの力となってくれる可能性もあります。
 
 今回の訪問は視察団の一員ということで、前回とは打って変わり、宿泊したホテルも素晴らしく、食事も不安のないもので、腹痛で顔をしかめることなどまったくなかったことを付け加えておきます。
 
  

 こんにちは、近藤です。2月20日、11回目となる感謝の集いを行いました。
 当社の業績・計画を発表する「経営方針説明会」、環境に関連した著名講師による「講演会」、そして「感謝の集い」という3部構成です。
 
 経営方針説明会で私は2009年を地球環境保全に向けた助走期間と位置づけ、本年からはそれを具現化すると宣言しました。実際、JICA協力のもと中南米4カ国からの研修生に対する自動車リサイクル研修期間中でもあり、自動車リサイクルを通じた環境への貢献は実現しつつあると感じてます。
 
 今年の講演会は一般の方へも声かけし、200名収容の会場がほぼ埋まる賑わいとなりました。講師は二名にお願いしました。
 まずは気仙沼でカキ養殖をされながら京都大学で教鞭もとられている畠山重篤氏。「森は海の恋人-里山里海から考える-」との演題で、海と鉄分の関係を聞き、目からうろこの落ちるような思いでした。
 そして、次にイースクエア会長の木内孝氏より「地球環境-ツバルからの報告-」。木内さんは北陸地区で私が発起人の一人となっている「環成経」ネットワークも展開しています。
 この発起人の依頼を受けた時、私はとてもとてもと固辞したのですが、木内さんは黙って一冊の本を私に手渡されました。それは松下政経塾の上甲さんが書かれた「志のみ持参」。まさしく、志のみ持参すれば何も言うことはない、受け入れてほしい、ということでしょう。
 「志」なら自信はある、これを受け入れなくて、何ができるか、という思いで参加させていただきました。木内さんのお話は何度かお聞きしているのですが、環境に対して今、何をすべきかを改めて考えさせられました。
 
 そして、最後は「感謝の集い」です。今年は谷本県知事にもご参加いただき祝辞をいただきました。この一日は会宝産業がお客様に対し、これまでやってこられたことへの感謝を表現し、これからやっていこうとすることをご説明申し上げる年に一度の機会です。
 これからも続けていけるよう努力する所存です。
 

 こんにちは、近藤です。2月8日より国際リサイクル教育センター(IREC)は文字通り「国際」となります。先月もお伝えしましたが、ブラジルより6名、アルゼンチン4名、コロンビア3名、メキシコ1名、計14名の研修生が3週間の予定でやってくるのです。参加者は行政の環境責任者、アナリスト、リサイクル資源を扱う民間企業の販売責任者など。
 受け入れる私たちには、成果の上がる、つまり中南米においてリサイクルがより推進されるような研修とする責任があります。このため、リサイクルの各分野で権威ある専門家をお招きしようと奔走、7名の講師が当社までお越しくださることになりました。
 さて、この講師名簿を見てますと、よくぞこれだけの豪華メンバーが揃ったものだ、研修生たちが聴講するだけではもったいない、会宝通信の読者に興味ある方がいらっしゃれば、ぜひ、お呼びしようと思うようになりました。そんなわけで、参加されようとお考えのあなた、弊社(TEL:076-237-5133)までご一報ください。参考になる話が聞けますよ。
ここに外部講師の方々の講義予定をご紹介いたします。
(午前は9:00-12:00、午後は1:00-4:00となります)
2月10日午前:
迫田英晴氏(経産省製造産業局自動車課課長補佐)「自動車リサイクル法の成立過程と運用」
2月10日午後:
越村春樹氏(株式会社越村商店専務)「タイヤリサイクルの現状と提案」
宮崎和夫氏(株式会社鶴商会長)「自動車に関わる非鉄金属・レアメタル・レアアースの分別、適正処理」
2月15日午後:
廣野良吉氏(成蹊大学名誉教授)「静脈産業における世界基準と国際機関の役割」
2月16日午後:
板坂浩司氏(CIジャパン認証部部長)「静脈産業におけるISO14001の活用」
2月22日午後:
加藤秀和氏(国際資源大学校校長・小坂/前DOWAエコシステム環境ソリューション室長)「非鉄精錬を利用した資源循環とその未来」
2月23日午後:
長谷川勉氏(金沢工業大学基礎教育部教授/プラスチックリサイクル)「プラスチックリサイクルの重要性と環境問題」
 ちなみに、私も1講座持っておりまして、2月25日午前に「自動車リサイクル業の意義と国際ネットワーク」というタイトルで講義します。よければ、こちらもお聞きください。

あけましておめでとうございます。近藤です。本年もよろしくお願い申し上げます。
11月29日から12月10日まで、ブラジルとアルゼンチンを回ってきました。南米は初めての訪問です。両国とも南欧の雰囲気が色濃く漂ってました。
 実はこの出張、通常の業務とは違い、日本国から調査依頼を受けてのものです。ここでも何度か取り上げてきましたが、自動車リサイクル技術者を養成するため設立した国際リサイクル教育センター(IREC)は、その名の通り、海外からの研修生受け入れも当初から視野に入れて活動してきました。こうした中で、JICA(国際協力機構)北陸・藤井さんとの出会いがあり、「地球環境保護に国境はない。世界規模での自動車リサイクルを推進するため、このIRECを技術者養成の場所とする」という考えに共鳴いただき、現実に行動をを起こしてくださいました。そして、IRECにおける海外研修生受け入れ実現の見通しが立ち、今回の出張はその事前調査となったわけです。
 藤井さんのアレンジは大変素晴らしいものでした。面談いただいた相手も、環境行政関係者、自動車技術協会トップなど、自動車リサイクルが重要であることを十分に認識された方々であったため、日本の実情に対する多くの質問があり、訪問の予定時間を上回ることが多々ありました。
 その結果、2月8日から26日までの約3週間、ブラジル6名、アルゼンチン5名、コロンビア3名、メキシコ1名、計15名の行政、業界関係の研修生を受け入れることとなったのです。使用済み自動車の適正処理、再資源化、リサイクル技術を学んだ関係者の方々が、その知識をもとに自国の自動車リサイクルに、そして環境保護に貢献するという、私が描いていた構想の一つが今、まさに現実のものとなってきました。

1 10 11 12