NEWS RELEASE ニュースリリース

ALL NEWS

会宝通信メールマガジン

2021年9月26日(日)に、当社がBSテレビ東京の番組「グロースの翼」で放送されました。

番組はYouTubeでも公開されています。

是非ご覧ください。

BSテレビ東京 グロースの翼~350万社の奮闘記~「人の喜びを我が喜びに」

※クリックしてご覧ください。

2021年9月18日の北國新聞に、当社がSBTイニシアチブから温室効果ガスの削減目標が科学的認定に基づいていると認定を受けたことが掲載されました。

2021年9月18日の北國新聞新刊コーナー(19面)に、当社会長近藤典彦の書籍が掲載されました。

会宝産業株式会社は、2030年に向けた温室効果ガス削減目標について、科学的根拠に基づく「1.5℃を十分に下回る目標」として「SBTi(Science Based Targets initiative)※1」より認定を取得しましたのでご案内します。

※1 「パリ協定」の目標達成に向け、民間企業や各種団体に対して科学的根拠に基づいた温室効果ガス排出量の削減目標設定を求めるイニシアチブで、国際NGOのCDP、WRI、WWF、UNGCにより運営。「SBTi」により「パリ協定」に適合した温室効果ガス削減目標に対し、「科学的な裏付けによる目標」の認定が与えられます。

当社は、脱炭素社会の実現に貢献するため、2021年7月に従来の温室効果ガス削減目標を以下の通り設定するとともに、「SBTi」に科学的根拠に基づく目標であることの検証を申請しており、この内2030年度までの目標について、認定を取得しました。

【当社の温室効果ガス削減目標】

■Scope1+2※3:2020年度基準で、2030年度までに43%削減。
■Scope3※3:Scope3による温室効果ガス排出量を測定し、2030年度までに削減を行う。

※3
Scope 1 : 自社が所有・支配する施設からの直接排出
Scope 2 : 自社が購入したエネルギーの製造時における間接的な排出
Scope 3 : Scope1,2以外の自社バリューチェーン全体からの間接的な排出

今後、再生可能エネルギーの導入を積極的に進めて行くほか、自動車リサイクル設備の電動化を行うことで、温室効果ガス削減の取り組みを進めます。

会宝リサイクル工作コンテストにたくさんのご応募をいただき、ありがとうございました。

23作品のご応募をいただき、その中から最優秀賞1作品、優秀賞4作品を決定いたしました!

受賞者の皆さま、おめでとうございます!

どの作品も素敵で個性があり、様々なアイディアや工夫に本コンテスト実行委員全員が驚かされ、悩みに悩んで選ばせていただきました作品はこちらです。

最優秀賞
長井 優依さん 7歳 作品名 かいほーくん1号

優秀賞(順不同)
松本 結葵くん 8歳 作品名 スタンドミラーにもなる手鏡

清水 勇翔くん 11歳 作品名 きんちゃく

川畑 章翔くん 6歳 作品名 変身ベルト

中山 颯人くん 8歳 作品名 自撮り棒

*会宝リサイクル工作コンテストは、毎年8月に開催してきた「会宝リサイくるまつり」が新型コロナウイルスの影響により2年連続中止となったことを受けて、今回初めて開催しました。自動車リサイクル部品をお申込みいただいた石川県にお住まいの小学生にお送りし、自由に工作をしていただき、作品をご応募いただきました。

使わなくなった部品を再利用し、新たなものをつくる「アップサイクル」を体験することで、ごみの削減やリサイクルの必要性について知っていただくきっかけとなればと考え、実施いたしました。

1 2 318