NEWS RELEASE ニュースリリース

ALL NEWS

会宝通信メールマガジン

会宝通信第234号

クリックしてご覧ください。

皆さまこんにちは、社長の近藤です。コロナ禍がなかなか収束せずにマスクが外せない日々が続いていますが、こんな時だからこそ健康の大切さを実感しています。


その中で会社としても健康経営について取り組んでいますので、ここで少しご紹介します。


もともとは、2030年の会宝産業の理想の姿をバックキャスト思考で捉え、実行にまで落とし込むという2030プロジェクトがきっかけでした。


このプロジェクトの中には4つのチームがあり、その1つが健康経営チームなのです。このチームは5人で構成されていますが、今まで様々な活動をしてくれています。


例えば、モデルとなるような企業を訪問したり、自主的に様々な勉強もしてくれています。また自分たちが学ぶだけでなく、それを会社に水平展開していくために、色々な勉強会を開催したり、動画の配信もしてくれています。


そんな背景があり、昨年の11月には構内全面禁煙をスタートしました。たばこを吸っている人には大変かもしれませんが、体には良くないので実行しました。


そして人事では新たに「元気手当」という制度を運用しています。これは私があるセミナーに参加し、他社で社員の医療費の一部を負担している事例を聞き、何か当社の制度として活用できないかと考えた結果、健康診断の結果に応じて元気手当を支給することにしました。


健康を害した人の費用を負担するのではなく、健康に留意している人への報酬を決めました。この「元気手当」は健康維持の推進であり、自己管理に対する報酬なのです。


当然ですが、健康でなければ良い仕事ができません。また健康を害してしまえば、会社だけでなく、家族にも迷惑をかけてしまいます。社員一人一人が健康に留意することは、会社の財産をつくることでもあるのです。

※2022年卒業者向けの3月開催の会社説明会は終了いたしました。

今後の開催予定は下記のとおりです。

■開催日時

①6月10日(木)10:30-11:30
②6月10日(木)15:30-16:30
③6月16日(水)10:30-11:30
④6月16日(水)15:30-16:30
⑤6月24日(木)10:30-11:30
⑥6月24日(木)15:30-16:30

■開催形態

オンライン(Zoom)

■申込方法

下記申込先宛に、①大学・学部名②名前③性別④参加希望日時 を記入の上メールをお送りください。

後日、参加方法のご案内メールをお送りします。

ご不明な点がありましたらお気軽にお問い合わせください。

■申込/問い合わせ先

会宝産業株式会社 総務部 採用担当 川村

Mail soumu@kaiho.co.jp

5月15日(土)に、宝達志水町の水田で田植えを行いました。

当社が毎年田植えを行うのは、農業従事者として食の安心・安全について考える機会を創出すること、農業(一次産業)の大切さを実感して農業従事者への感謝の気持ちを育むこと、そして「人間は自然に活かされている」ことを感じるために行っています。

今の時代、機械での田植えが主流ですが、手植えによる田植えを行いました。世の中はどんどん便利になり、苦労せずとも食べたいものを食べたいだけ得られるようになりました。そしてより安くより大量に生産するために、薬品を用いた農業も当たり前になっています。まずは社員が食に対する正しい知識を持ち、それを家族やその先の人たちに発信できるようになって欲しいという想いで、あえて手植えで苗を植えました。

最初に田んぼに入る時は少し躊躇しますが、入ってしまえば泥の感触が気持ち良く、とても癒されました。

秋の収穫が今から楽しみです。苗が無事に育ちますように。

皆さまこんにちは、社長の近藤です。昨年の4月7日に緊急事態宣言が発出されてからあっという間に1年が経ちました。感染予防を継続すると共に、私は今までの在り方を見直すチャンスだと捉えています。


当社では売上の7割以上が輸出になりますが、現在フレート代(お客様が支払う輸送費)が高騰している状況があります。当然このことにより海外のお客様は苦労されております。


そのことを踏まえて、当社では2つの変化を起こしました。1つ目が主力商品である中古エンジン以外の商品を積極的に提案することです。具体的には、中古エンジンをコンテナに積み込んだ際に、どうしてもコンテナ上部に空きスペースが生まれてしまうのですが、そこに新たな利益を生む商品を積み込むことで、フレート代をカバーできないかという提案です。嬉しいことにこの提案をすることで、お客様の今まで見えていなかったニーズが見えてきました。


そして2つ目の提案が、フレート代補助です。昨年から高騰したフレート代の半額(最大で20万円)の補助ですが、これは単純に値引きをしますということではなく、お客様のビジネスチャンスを共に応援しますというメッセージです。海外のお客様が商品を購入できなければ、現地で商品を欲しがっているエンドユーザーに商品を届けられません。これは現地のライバル企業も同様ですので、もしここで商品を持っていれば大きな販売チャンスが目の前にあるのです。それならば、会宝産業はそれを応援しますということなのです。


私たちは商品を購入してくれるお客様がいるから、商売が成り立っているのですから、そんなお客様を応援するのは当然のことです。当社会長がいつも口にする「ピンチはチャンスだ、ありがとう!」を胸に、今後もコロナ禍をチャンスと捉え行動していきます。

1 2 314