NEWS RELEASE ニュースリリース

ALL NEWS

会宝通信メールマガジン

IREC自動車リサイクル一般職(第17回)
第17回養成コース合格者 自動車リサイクル一般職
 一般職 第54号  畑正博様(日本エコカ工業株式会社)
       第55号  倉加苗子(会宝産業株式会社)
       第56号  宮崎奈美(会宝産業株式会社)
1220zentai.JPG
IREC受講者 研修報告書より
 漠然としていたことや断片的に見たり聞いたりしていたことを、改まって教えていただいたので大変勉強になりました。社内にフィードバックし、今後の業務活動に役立てていきたいと思います。また、近藤理事長の貴重な話も聞くことができ、人生どうあるべきか考えさせられました。ありがとうございました。
 入社して2カ月経ち、少しずつ仕事の雰囲気に慣れてきたこの時期にIREC自動車リサイクル一般職の研修を受けることができ、基本的な自動車のパーツや解体の現場も体験することで改めて2ヶ月間仕事で目にしてきたことへの理解を深めることができました。自動車リサイクル業についての国々の取り組みについても取り上げられ、自分自身これからはもっと視野を広く持ち、周りで起きていることや情報に敏感になれるよう努力しようと思いました。
 前回の講習も1日目を受けさせていただき、今回は2日間受けさせていただきました。前回1日しか受けられなかったので今回は復習できればと思い受けたのですが、前回とは違う内容も組み込まれており、とても得をした気分で充実して研修を受けることができました。また、工場見学では普段事故をしないと体験することができないエアバックを出す作業もさせていただき、会社にいてもすることができない貴重な体験ができました。自動車リサイクル業の事務職としてさらに頑張っていきたいと思いました。

第16回養成コース合格者 自動車リサイクル技能者
 2級  第51号 久保田泰規様((株)保田オートパーツ)
     第53号 松田昇(会宝産業(株))
 3級  第52号 清水利憲様((株)ユーパーツ)
syuuryou.JPG
IREC研修報告書より
 6日間というやっぱり長いなと思っていたが、あっという間でした。車や、リサイクルについてもっと勉強しなければならないなと思っていたけれどいい機会を与えてもらい、いろいろと勉強になりました。部品が何からできているのか、プレスがどうなっているのかが曖昧でしたがよく理解できました。自動車の静脈産業としての役割、地球環境に対して、どうするべきかの方向性を理解しました。
 IRECの研修を受けさせていただき、来る前までは憂鬱な気持ちでしたが、今は本当に来てよかったと思います。自動車に関する知識があまりない私にもIRECの先生は親切・丁寧に教えてくださいました。また、普段ではあまり聞けない海外での自動車リサイクル法の話を聞けたりと私にとってとても充実した6日間になりました。久保田オートパーツの久保田さんと、会宝産業の松田さんともお互いの会社の話をし、良い情報交換をすることができました。この研修で学んだこと、知り合うことのできた仲間は私の財産です。このような素晴らしい研修を拡大していってほしいと思います。
 1週間という短い期間でしたが、自動車リサイクルに関して要所だけですが、全体像を知ることができました。現場に関することは以前から知っていたのですが、リサイクル法や資源リサイクル等を勉強して、部分だけではなく全体的に自分たちの作業という事を考えることができるようになりました。これからリサイクル技能者として自覚を持ち、作業していきます。

http://www.kaiho.co.jp/jp/kaiho/pdf/kaihonews0812.pdf

第15回養成コース合格者 自動車リサイクル技能者
 1級  第1号  湯地敏彦様((株)保田オートパーツ)
 3級  第50号 鹿野悟史(会宝産業(株))
081106.JPG
IREC研修報告書より
 現状、自分の周りにある課題と今回の研修内容のすべてが同じでした。原価管理、損益計算書、資産運用、部下育成、評価。研修課題の作成をしているとどうしても現状と照らし合わせてしまい、2つの課題を同時に考えてしまった。2日目の佐藤さんの講義(幹部育成・目標管理)を受けて的を絞って考えることができた。今回の研修は自分にとって今後お客様・会社・家庭を考える上で、基本になることは間違いないと確信した。
 学科編は車に興味のある人にはとても勉強しがいのある楽しい内容だった。実技編は、検定出題者の目的が分かりづらく、何に注意すべきか迷う内容だった。

http://www.kaiho.co.jp/jp/kaiho/pdf/kaihonews0811.pdf

1 316 317 318 329