SHAKAIの窓 就活応援ブログ

就活応援ブログ

シャルジャ首長国(Emirate of Sharjah)・・・アラブ首長国連邦を構成する首長国のひとつです。

このシャルジャの地に会宝産業の子会社KAIHO MIDDLE EAST(FZE) があります。

シャルジャは中古自動車部品販売ビジネスが盛んな地です。日本製の部品は品質が良いのでシャルジャでも大人気。ただ、それゆえに模倣品が溢れ、商品もめちゃくちゃな値段で流通していて、もはや社会問題化していました。

「自動車リサイクルで世界の環境をきれいにする」が使命の会宝産業としてこの事態は見過ごせません。国境は関係なく「やれるぞ!!」となればすぐやる。This is so 会宝産業。

さて、そのシャルジャでは日本製の部品を適正価格で販売することが重要だと判断。だったら品質も価格も売り手に決めてもらうスタイルで販売しようということで、中古自動車部品のオークション会場を作り、オークション形式で販売することになりました。

ちなみに中古自動車部品のオークション会場というのは世界初のことです。さらっと言いましたが、会宝産業が昨日まで世界に無かったものを作り上げました。

入社1年弱の新卒社員に白羽の矢が立った!

こうしてKAIHO MIDDLE EAST(FZE)が立ち上がりました。

となると、この海外新規事業という重大プロジェクト、誰を現地に行かせるか。幹部が悩みに悩んで指名したのは・・・なんと入社1年目の新入社員でした。

関西外国語大学出身で留学経験があって英語が話せることがポイントの一つでしたが、それよりも彼は採用選考の時から「海外に行けるチャンスがあるなら行きたいです」と言っていました。物静かで穏やかな性格ですが、胸には静かに燃える熱意を持った人物でした。会社は彼の成長に賭けました。

現地ではマネージャーとして会社の立ち上げ、現地スタッフのマネージメント、販売、日本サイドとのやり取りなどをこなして事業を軌道に乗せ、4年滞在して帰国、今は社内で別の業務を担当しています。そして、今現在KAIHO MIDDLE EAST(FZE)には当時入社2年目だった男性社員が駐在しています。

会宝産業は世界で初めてのこと、業界で初めてのこと、誰もやっていないことに向かって進む行動力、コネクション、パワーがあります。そして挑戦できる環境、理解者、トップの度量の広さも兼ね備えている会社です。

あなたが望むなら、次にどこかの国を開拓しているのはあなたかもしれません!挑戦する勇気を忘れずに、就職活動頑張ってください!

企業の研修制度は様々です。大きく分けると3つのタイプがあります。

①考えてからやる

②やってから考える

③やりながら考える

当社は③の「やりながら考える」方針です。

そうはいっても新人(特に新卒者)は分からないことが多いので、毎年四月に三日間の新人研修を行っています。

その三日間では「知らないことを知ってもらう」ことに重点を置いています。

例えば会社の理念や歴史、会社の方針や大切にしていること、さらに会社の体制やルール、そして新人としての心構えなどを教えています。

しかしインプットだけでは学びが半分ですので、研修終了の二ヶ月後には「会宝産業のすばらしいところ」をテーマに、チーム毎に役員の前でプレゼンをしてもらっています。最後にこのようなアウトプットの学びがあり、チーム毎に行うので同期の絆も深まります。

就活で会社を選ぶときに、純粋に「その会社が好き」と言う観点はシンプルですが、とても大切です。

就職した後に大学の友だちと再会して「自分の会社を愚痴る」よりも「自分の会社を笑顔で語る」ほうが、幸せですよね!

中小企業の魅力は一年目から自分の本領を発揮できるところです。そんな会社とご縁があれば、きっと自分自身が笑顔になります。

目先の条件だけでなく、自分がどんなことを軸に会社を選びたいのかを明確にして、引き続き就職活動を頑張ってください。

皆さんは誕生日をお祝いされていますか?
もしくはお祝いしていますか?

会宝産業では、誕生日になるとお祝いがあります。
どんなお祝いかと言いますと・・・
社員の誕生日にはみんなで集まって「ハッピーバースデーソング」を歌い、拍手と共にケーキが手渡されます。
そしてその後の本人からの「お礼の一言」が照れくさいのなんのって(笑)

でも社会人になると、こんな風に歌を歌ってケーキをいただくことなどめったになく、嬉しいひと時でもあるのです。

しかし誕生日のお祝いは本人だけではありません。

男性既婚者であれば奥様へ、女性既婚者と独身者であればその社員のお母様へ、誕生日フルーツギフトが届けられ、さらにこの時は上司のメッセージも添えられます。

当然外国籍の社員の場合は、外国のお母様へ送らせていただいています。
誕生日のお祝いに国境はありません!!

社員が一生懸命働くことができるのも、家族をはじめ多くの人の支えがあるからなのです。
だからご家族への感謝のしるしなのです。

皆さんも、ご両親をはじめご家族に感謝していますか?

家族や友人や先生方といった身近な人に感謝して、就活に励んでください。
応援しています!

経済産業省が行った調査によると「将来、どのような企業に就職したいか?」という質問に対して、学生が選んだ第1位は「福利厚生が充実している」、第2位が「従業員の健康や働き方に配慮している」という結果が出ているそうです。「給与水準が高い」という回答もありましたが、給与よりも今は「働きやすさ」や「働き方」を重要視している傾向があると感じました。私たち会宝産業でも働く社員自ら健康について積極的にプロジェクトを通して取り組んでいます!
 
KAIHO2030プロジェクト健康経営チーム


当社にはKAIHO 2030プロジェクトがあります。これは2030年の未来に何が起こりうるかをインプットし、議論を行い、今の私たちが描く未来の会宝産業を創ることを目的としています。そのプロジェクト内に「健康経営チーム」があり私たちが考える健康経営の実現を目指しています。


その健康経営チームの取り組みの1つとして昨年、社内全面禁煙を行いました。新型コロナウィルスの影響から社員の健康を考えると「喫煙による健康被害」から社員を守るために会社の方針として決定しました。


私たちは社内全面禁煙の実施日までにタバコの健康被害に関する動画配信を計4回行いました。そのうちの1回はメンバーのお子さんの夏休みの自由研究「たばこはどのように体に悪いの?」を紹介しました。これはタバコを吸うおじいちゃんにタバコを止めて長生きをしてほしいという理由で作られました。


こちらは実際の研究内容の一部ですが、とても興味深い内容が書かれています。
カナダではタバコの箱にダイレクトに「喫煙はあなたを殺します」って書いてあると知り驚きでした。

社員の考え・行動が会社づくりに反映される風土がある

KAIHO2030プロジェクトには他にも「生産チーム」、「商人チーム」、「広報チーム」がありそれぞれの視点から2030年の未来に向かってプロジェクトを進めています。トップの後ろを追うのではなく社員1人1人が会宝産業を創り上げていくのだという意思が特に強いのがこの2030プロジェクトです。

就職活動の中で企業の理念や業務以外の取り組みを知ることも働きたいと思う企業に出会うひとつの視点になります。企業と出会う機会があるときはこういったこともぜひ調べたり、チャンスがあれば積極的に質問をして就職活動に役立ててくださいね。応援しています。

■2022年卒業者向けオンライン会社説明会の日程を公開しました。
こちらからご覧ください。

先月、このブログで自動車リサイクル業だけではない、会宝産業の別の事業=農業への参入経緯についてご紹介しました(詳しくは2月11日更新の「2010年新規事業参入 ~ロマンだけでは終わらせない!~」を見てくださいね)。

今回はその農業の実態について迫りますよ。

会宝流エコ農業

私たちが栽培しているのはみんな大好きな(!?)トマトです。このトマトの作り方が「This is so会宝産業」なんですよ!

自動車のリサイクルをしていると、使用済の自動車から毎年たくさんのオイル(エンジンオイルなどの廃油)が回収されます。地球環境の改善に積極的に取り組んでいる会宝産業としては、当然、このオイルを適切に処理するだけではなく有効活用できないかと考えます。

そしてある時、「そうだ、ハウス栽培だ!」と思い立ちます。オイルを熱源としたボイラー機器を開発しハウス内を温めれば、この北陸のさむ~い冬でも低コストで通年栽培が出来る!!というわけです。

一言で「リサイクルオイルを熱源としたボイラーを開発する」と言っても結構大変なことです。しかし「日本から世界の環境を改善する!」という揺るぎない信念を持つ創業者・近藤典彦の熱い想いに石川県や他企業が支援してくれて、「廃油ボイラー」を作り上げたのであります!

しあわせのトマト、誕生!

会宝産業のトマトを食べていただくことで幸せな気持ちになってもらえたら。そしてみなさんが幸せな気持ちになっていただくことで、自分たちも幸せになれたら。そんな願いを込めて「しあわせのトマト」と名付けました。

そんな、食べるとしあわせになれる「しあわせのトマト」は、オンラインショップ「ポケットマルシェ」で販売中。控えめに言って・・・大人気です(笑)気になった方は是非食べてみてください!

ポケットマルシェはこちら

春はもうすぐそこ。みなさん体に気を付けて就職活動頑張ってくださいね!!

■2022年卒業者向けオンライン会社説明会の日程を公開しました。
こちらからご覧ください。

1 2 3