NEWS RELEASE ニュースリリース

ALL NEWS

会宝通信メールマガジン

・取引顧客様

撮影、お疲れ様でした。皆さんが各パートにこだわりを持って取り組まれる姿に、感動してラストカットの時にはちょっと泣きそうになりました(笑)参加させていただいてよかったと思っていますし、私も大きな学びがあり、自分にとっても「塾」になりました。ありがとうございました。助っ人で参加してくれたスタッフ達も私と同じような印象を持ってくれているようで、編集の色調整など仕上げも手伝わせてほしいと申し出がありました。みんなにとっていい現場になったようで、本当に良かったです。とにかく「チーム会宝産業はすごい!!」の一言でした。

・取引顧客様

昨年(2023年)、リサイクラーズに加盟して4ヶ月間で2022年1年間と同じ売上ができた。本当に加盟してよかった。今年も KRAシステムでの情報収集と千葉入札会への出品を引き続き進めていきたい。

・法人のお客様

①普段体験できない視点で新たな思考を身に着けることができた。

②社長様より「自利利他」のお話と、会長様より「お客様を儲けさせて自分達が儲かる」というお話を伺い、あたらめて今の自分達の会社はお客様視点を忘れてはいないかを振り返るきっかけになった。「自分達が働きやすい環境の実現」と「お客様や社会に貢献できていると実感する働きがい」どちらのバランスも大切だと思うが、会宝産業様のお話を聞き、今は自分達が働きやすい環境の優先度が高くなっているように感じたため、人財育成に「お客様あってのTSK」という視点を育む要素も取り入れていきたい。・工場案内していただいた社員の方が、国内だけでなく海外市場、そこに対する自社の強みをしっかりと理解されてお話してくださったことに驚いた。自工程だけでなく、他部署や会社全体を知っておられる社員さんがおられ、きっと会社を自分事として捉え「いい会社を一緒につくろう」と思っている社員の方が多いのだろうなと感じた。

③いつかは見学してみたい企業の一つでしたので、単純にまずは嬉しかったです。厳しい職場環境と想像していましたが、従業員の挨拶がきっちりと行われていて、素晴らしいと思いました。

④県内企業の仕事現場を見に行く機会がなかなかないので、面白かったです。社内に入って見たからこそ感じられる事業成果や取り組みの効果がわかりました。

⑤普段見ることのできない現場や、色々なお話を聞くことが出来てとても良かったです。

⑥経営者の経営に対する考え方や想いも聞けて、大変勉強になりました。

⑦SDG’sの点だけではなく、QRコードを使用した工程・在庫管理など、デジタル化の観点からも興味深く見学させていただきました。

⑧近藤社長さんのお話し貴重でした。コロナによる不景気から、社員と対話して役員側の努力、そして社員側の努力を引き出し、経営の好転につなげたところが素晴らしいと思いました。

⑨廃棄物処理等の会社を色々見てきた中で、これほど綺麗で素晴らしい会社は初めて見ました。また、タライの法則や極楽・地獄の箸など弊社も似たようなモットー「お客様に稼ぐ機械を提供する」を指針としており、同じような想いで感銘する部分がたくさんありました。社員の「良い会社にしたい」というモチベーションを引き出す考え方や経営などもとても参考になりました。当社は車の部品を作る機械を売っている動脈産業です。それらが最終的にどのように分解し還元されているのか静脈産業についても見れました。社長・会長様と名刺交換出来なかったので、一瞬でも機会あるとよかったです。

⑩企業の価値観が浸透して初めて力強い経営へと進化できることを感じることができました。

・一般のお客様

先日、お世話になった方に会宝農園の野菜セットをプレゼントしたところ、「野菜がとても新鮮できれいで無農薬なのも嬉しいです。とても美味しかったです!車関係の仕事で野菜を作っているなんて知らなかったのでびっくりしました。しかも美味しいのでまた食べてみたいです。」と嬉しい感想をいただきました。

各位 平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

令和6年1月1日に発生いたしました「令和6年能登半島地震」により被災された皆さまにおかれましては、心よりお見舞いを申し上げます。

当社におきましては、社員全員が無事であること、ならびに社屋や工場設備に被害がないことを確認いたしました。

1月9日(火)より通常営業いたします。

多くの方からお見舞いをいただき、心より御礼を申し上げます。 なにとぞ従来にも増してのお引き立てを賜りますよう、お願い申し上げます。

・一般のお客様

知り合いから聞いて連絡してみましたが本当に買取りしてくれるんですね。今まで知らなかったので、以前は車を買い替える時、ディーラーにそのまま出して処分してもらいました。0円で。書類の手続きもしてくれるし、自分の知り合いにもどんどん宣伝するね!とおっしゃって頂きました。

・一般のお客様

車輌を持込みいただいたお客様にお帰りの際、「よかったら記念にお車と一緒に写真撮りますか?」と声掛けをしています。お客様は「思い出あるしね~、この車でいろんなとこ行ったわ~写真まで撮ってもらってありがとう」と車との思い出をお話しされて喜んでくださいました。

・一般のお客様

友人から12/2(土)に車の持ち込みをしたいと連絡がありました。持ち込み後に予定があり、あまり時間がないことを担当者に伝えておきました。当日、事前にしっかり準備をしていてくれたおかげで、あっという間に手続きが完了し、その後の予定も余裕で間に合ったそうです。「素早く丁寧に対応してくれて本当に助かったぁ!帰りにジュースまで頂いてありがとう!」さらに「あんなに可愛い子と一緒にお仕事できていいじ!!」とうれしいお言葉を頂きました。対応してくれたのは永井さんです!

・取引顧客様

初めて近藤社長が来られた時、近くの自動車会社の社長がなんで今頃挨拶にくるのか、リサイクラーズとは何か、社長は話を聞いて断るつもりでいた。実際来られたのは、石川県の会宝産業の近藤社長で、3人で打ち合わせをした。予定通り断ろうとすると、社長が予定外に、やっぱり一緒にやりたいと加盟を決断してしまった。加盟してからしばらくは、何ができるのかわからず、あまり前向きではなかったが、KMEや千葉入札会をやることができておかげで地元で1番の会社になった。そう考えると、あの時の出会いは本当に”奇跡の出会い”だった。社長も、千葉入札会については完全に自分に任せてくれていて、仕事もすごく楽しめている。社員もおかげで成長してきた。今後も一緒にやっていきたい。

・取引顧客様

会宝産業さんの一番素晴らしいところは、素晴らしい理念、お客様への誠意が社員1人1人にまで浸透しているということ。リサイくる祭りでは完全に一般客として来場したが、どの社員さんも炎天下の中、気持ちの良い挨拶と笑顔で出迎えてくれた。帰りにタクシーを待っている時も大丈夫ですか、もう少しで来ますよ、などと自分が取引先の人間だということを知らない一般の社員の方々が温かく対応してくれて、これが会宝産業さんのスタンダードなんだと実感しました。普段何気なくKRAの使い方でわからないことがある時に事務所に電話した時も、誰一人どなたですか、と言われることなく、「いつもお世話になります」と優しく出てくれる。宮田さんが出ても小林さんが出ても同じように対応してくれる。安田さんは以前沖縄が台風の災害に見舞われて長時間停電したことがあり、2週間インターネットも使えないことがあった。その間にKMEの書類の件でご迷惑をかけ、どうしても対応できずに困って相談したところ、「そういう事情なら大丈夫です、こちらに任せてください」とすぐに対応してくれた。あの時こちらの状況にすぐに寄り添ってくれたこと、今でも本当に感謝でいっぱいです。

・取引顧客様

KRA研修に来られているお客様より、お昼ご飯を一緒に食べている際に下記いいねをいただきました。「いつもこんな料理を会宝さんのみなさんは食べているんですか?羨ましいです。ちょっと想像以上でビックリです!本当に美味しいし、見た目が凄いですや~ん」当社の自慢です、とお伝えしておきました。

・一般のお客様

車輌を持込みいただいたご夫婦が始めにディーラーさんへ車輌を下取りで持って行ったところ、廃車手数料で16,000円ほどかかります。と言われたそうです。軽自動車でしたので31,000円で買取りをしたところ、「廃車手続きもしてもらって、こちらがいただけるのですか?びっくりしました。ありがとうございます!」と大変喜んでいただけました。

・聖教新聞読者の方々より

1) 私は、かつて廃棄物扱う会社に勤務してました。インタビュー記事を読んで感銘しました。世界は今、世の中の意識改革をしていかないと、ホントに危ういと感じてます。廃棄物の現場を見て来た一人の人間として、大量消費社会の影の部分を知っている人として、廃棄物の後始末の責任を共有するようになる社会をと願わずには居れません。こうした記事を掲載下さりありがとうございます。ゴミをどう扱うかを見て私はその人の判断をするようにしてます。本物か偽物か?どうか、廃棄物を扱う人を称える社会のためにも、そうした記事の掲載を心からお願いする次第です。(メール投稿)

2) 必要なのは、循環型リサイクルだと思います。その為に湾岸に輸送される国をチェックし、政府として、その国にリサイクル法案を設けるよう提言し、それに伴って、加熱処理により再度使用可能な鋼板にし、輸出の道があること示せば、その国のリサイクル法案成立が可能になると思います。スクラップから鋼板に至るまでは様々な道のりがありますが、設備投資、技術提供他多々ありますが、その国事情により円借款を設けても良いのではないでしょうか。日本国として支援するならば、循環型支援をしていくべきだと思います。(メール投稿 男性)

3) 自動車の「後始末」の取り組みを世界に広げたいの記事を読んでとても感動し嬉しく思いました。本気で取り組んでいてくれている人がいた事に驚き、日本ばかりでなく世界に広げて下さっている。心からありがとうございますと伝えたくて投稿させて頂きました。(メール投稿 女性)

4) リサイクルの話はあまり身近に感じなかったのですが、車を扱っている点、とても面白く、身近に感じました。知人にもシェアしやすい内容だと思いました!(東京都在住 女性)

5) 社⻑が経営のモットーとしている〝利他の精神〟という箇所が印象に残りました。
利益の世界でもやっぱりこういった思想や理念が大事なんですね。興味深い記事をありがとうございました!(東京都在住 男性)

6) こんにちは。先日、電子版を契約した金沢在住の者です。じつは先日の土曜日に20 年近く乗っていた軽四をこの会宝産業さんに売却しました。思い出が詰まっている車で、子供を二人育てる時の足として活躍して、さらに数年前からは聖教新聞の配達に使っていた車でした。子供は先日、創価大学を卒業して就職も果たしたところでした。15 万キロ乗り、エンジンがもうダメになったため手放す事になったのですが、ただ鉄屑にするのは忍びなく、リサイクルして、何処かでこの車の部品が生きて誰かの役にたつと聞いて、ここに売却したところです。とても、いい考えの会社だなと思っていた時に、聖教新聞の一面にでて、驚きました!今週の座談会で話をさせていただきます。ありがとうございます。(メール投稿 石川県在住)

7) 記事を読ませて頂きました。静脈産業って本当に⼤事ですね。特に社⻑が〝利他の精神〟を大切にされているところが心に残りました。私たちが学んでいる仏法の思想とも通じるように感じました。(東京在住 女性)

 

新年あけましておめでとうございます。社長の近藤です。昨年も皆様のおかげで素晴らしい一年となりました。この場を借りて、改めて御礼を申し上げます。

さて当社では年初会議において、一人ひとりが色紙に抱負を書いて発表するのですが、私は今年の経営方針をその場で発表しました。それは「ホリゾンタル・リーダーシップ経営」です。

「ホリゾンタル」という言葉をあまり聞き慣れない人もいるかもしれませんが、私も良いキーワードを探す中で見つけました。

これは「水平の」という意味のある英語で「部門をまたいで水平的に」とか「横串を通す」というような意味があります。私は会長から社長のバトンを受け取った時に、会長のような強烈なリーダーシップはないので、一人ひとりの能力を引き出すことを念頭に考えました。

そこで昨年は「フュージョン経営 〜自立した個の融合〜」という方針のもとに経営をして、「融合」という部分に関しては手ごたえを感じましたが「自立した個」の部分に関しては物足りなさを感じていました。

物足りなさの裏側には、能力のある社員の個性をもっともっと発揮できる環境をつくらなければいけないという思いがあり、昨年の「融合」を継承しながらも、より個の成長を期待する「ホリゾンタル・リーダーシップ経営」という言葉にたどり着きました。

2024年は、社員一人ひとりが、自分の責任で臨機応変に行動できる組織を目指していきますが、もちろんその根底には「お客様の喜びを我が喜びとする」という会長からの教えがあります。

今年も皆様と共に、充実した一年にしたいと思っておりますので、本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

会宝通信第265号

クリックしてご覧ください。

1 2 3 283