NEWS RELEASE ニュースリリース

ALL NEWS

会宝通信メールマガジン

12月17日の『日刊自動車新聞』10面に、当社が8月に開催したイベント「会宝ワクワク工場見学&ワークショップ」についての記事が掲載されました。

2020年12月10日より、「ツイッター」を使った車の個別・直接査定サービス「ツイッターDMくるま査定」を開催します。

 

これに際し、記念キャンペーンとしてツイッターDMくるま査定の利用またはアカウントのフォロー&リツイートをしてくださった方合計100名にアマゾンギフトポイント500円をプレゼントするキャンペーンを12月10日〜1月10日まで実施しています。

 

【DMくるま査定開始記念キャンペーン概要】

その1:ツイッターアカウント@CARCACU_csのダイレクトメッセージ(DM)機能で「査定希望」と書いたDMを送ってくださった方に、担当者からDMでお車に関する質問をお送りいたします。それに回答していただたいた後、1〜2日後に査定の内容をDMでお知らせいたします。最後にアンケートに回答した方先着50名様にアマゾンギフトポイント500円をプレゼントします。

 

その2:期間中に、ツイッターアカウント@CARCACU_csをフォローして、広告ツイートをリツイートした方、抽選で50名様に50名様にアマゾンギフトポイント500円をプレゼントします。

 

弊社が運営する自動車買取専門サービス「CARCACU(カーカク)」は、創業以来培ってきた、世界約90カ国を結ぶ中古車・部品の売買実績により、どのような自動車でも買取できるのが特徴です。

 

これまでの査定では「適切な査定結果を得られていない」「査定の仕方に納得できない」などの利用者の意見がありました。これらの解決に役立つ手法として、DMくるま査定を開始します。愛車を大切に、安心して手放したい方に向けて、査定専門の担当者が迅速、的確で、納得のいく買取価格を提示します。

 

今回のキャンペーンを皮切りに、今後もDMくるま査定を継続し、合わせて年数回のキャンペーンを実施します。一人でも多くの方が愛車を安心して手放せる環境を構築し、自動車部品を通じた世界規模の循環型社会の実現を目指します。

 

朝日新聞社の中小企業向けWEBメディア「ツギノジダイ」に、弊社社長・近藤高行のインタビューが掲載されました。

 

中小企業の事業継承にスポットを当てた同メディア。創業者である先代の後を継いだ直後に赤字転落という挫折を味わう中で見つけた、業績回復に至る父から金言とは・・・。是非ご覧ください。

 

こちらをクリックしてご覧ください。
ツギノジダイ

 

 

 

 

 

 

 

会宝通信第228号
クリックしてご覧ください。

 

 

皆さまこんにちは、社長の近藤です。会宝産業では11月2日より全社禁煙を開始しました。

 

全社というのは全社構内全域という意味で、今まで構内に置いてあった灰皿などは全て撤去いたしました。

 

なぜこんなことをするかと言うと、それはやはり社員に健康であって欲しいからです。

 

タバコは百害あって一利なしだと思います。しかし一方でタバコは気分転換になるという人もいますが、個人的には体に害を与えないものでリフレッシュしてもらえたらと思っています。

 

ただ私はタバコを吸った経験がないので、喫煙者の気持ちが分かりません。そこでタバコをやめた人に話を聞くと、やめるのはなかなか大変だということを聞いたので、時間に猶予を持って全社禁煙を実行しようと決めました。

 

そこで今年の5月1日に「11月からは全社禁煙にする」と告知しました。

 

その後は、2030健康経営チームのメンバーが色々な発信をしてくれました。

 

この半年間の間に次のようなタイトルの動画を作ってくれました。

 

7/9 「わたしは○○でタバコをやめました」

9/5 「加熱式タバコと電子式タバコ 実際どうなの!?」
9/24  「タバコって本当に百害あって一利なしなの?」
10/26「タバコはどのように体に悪いの?」

 

さらに朝礼でも何度か直接社員に呼びかけてくれました。

 

全社禁煙は1つのきっかけではありますが、社員全員が健康で生き生きと働ける職場づくりを今後も進めていきます。

1 2 3 310