カテゴリー別アーカイブ: こんにちは、近藤です。

【ブログ】6月11日-17日 チリ・ボリビア出張

皆さまこんにちは、社長の近藤です。チリとボリビアに出張に行ってきました。とにかく長い道のりで、ドアツードアで38時間かかりました。そして着いた空港が世界で最も高い所に位置するエル・アルト国際空港で、なんと標高は4,060mでした。街中でも3,600mの標高であり、私と一緒に行った課長は早速高山病にかかってしまいました。結果的に大事に至りませんでしたが、その日は酸素ボンベが手放せない、人生で初めての体験となった夜でした。 今回の出張の目的は、価格や商品等のマーケット調査と既存顧客との商談でした。4年前に弊社社員がチリとボリビアに来ていますが、その時とは変わっている現状も多くありました。

4年前のチリでは、韓国やアメリカの車が多く走っており、日本車は10%程度でしたが、今回は40%くらいは日本車が走っていたように感じました。一方で、ボリビアでは4年前と同じようにトヨタ車が大人気でしたが、載せ替え技術が発達していました。そのため、中国からの新品エンジンや、オーストラリアからの良質ではない中古エンジンなど、現地の日本車に合うエンジンの需要が多く見られました。我々は日本から良質の中古エンジンを提供するだけではなく、これらの商品と差別化を図っていくこともとても大切です。そんなことを実感した中で、弊社がエンジンテストを行い、その結果をタグに品質証明として表記しているJRSという取り組みが、現地でしっかりと認知されていることも確認できて嬉しく感じました。

今までお客様から聞いていた情報が間違っているわけではありませんが、現地に行って自分で見て聞いて感じて情報を得ることで、視野が広がり多くの可能性を見つけることができました。私たちの自動車リサイクル業は、まだまだ世の中に貢献できる素晴らしい仕事だと改めて実感しました。

【ブログ】5月16日 17日 ~2つのイベント in 渋谷~

皆さまこんにちは、社長の近藤です。先月16日に、渋谷の国連大学で「ジャパンSDGs静脈産業フォーラム」と言うイベントを開催しました。当日は全国から250名以上の方にお越しいただき、有意義なイベントとなりました。SDGsとは2015年9月の国連サミットで採択されたもので、国連加盟193か国が2016年~2030年の15年間で達成するために掲げた目標です。そして、SDGsには17の目標が掲げられており、このイベントでは12番目の目標である「つくる責任・つかう責任 / 持続可能な消費と生産のパターンを確保する」にフォーカスし、世界で増え続ける自動車生産台数と環境保全を両立するためにという趣旨で、自動車業界に関わる各業界のキーマンの皆様にお越しいただきました。
また大変光栄なことに、弊社は昨年、SDGsビジネスアワードを受賞し、さらに昨年12月には日本では11社目であり、かつ日本の中小企業として初めて「ビジネス行動要請(BCtA)」への加盟を承認されました。
もちろん大変光栄なことではあるのですが、それ以上に「日本の自動車リサイクル事業」が、世界の環境保全・持続的成長を実現する上で、多くのポテンシャルを秘めた、誇り高き価値ある事業として認められた1つの結果だと感じています。イベントを開催し、関係者で協調していくことで未来が創造できることを確信しました。今後も機会があればこのようなイベントを開催したいと思っています。

そして翌17日には、会宝リサイクラーズアライアンスの第一回の勉強会を同じく渋谷で開催しました。誇り高い事業を、これから世界に貢献できる循環産業として確立するために、同業者の皆様との結束のもとに未来を創造する必要があります。その意味でも貴重な勉強会となりました。9/5に第2回の勉強会を予定しています。メンバーの皆様と世界に貢献できる未来を創造していきます。

【ブログ】4月20日~Cross Sector Leaders Awards~

皆さまこんにちは、社長の近藤です。4月20日に、株式会社ALMACREATIONS様が主催する「クロスセクター・リーダーズ・サミット」において、弊社が「Business×Social部門」の「Cross Sector Leaders Awards」と、全部門の優秀賞もいただき、私もサミットに参加してきました。
株式会社ALMACREATIONS様とは、経営コンサルタントであり、作家でもある神田昌典様が代表を務める会社です。
クロスセクター・リーダーズ・サミットとは、株式会社ALMACREATIONS様のコミュニティーが一堂に会する年間最大のイベントであり、お互いをねぎらい、称え合い、励ましあい、そして新たな前進への活力を生み出す場で、良質な時間を共有することを目的としています。当日は約100名の方がご来場された大イベントでした。
そして、今回のクロスセクター・リーダーズ・アワードは、ビジネス・行政・教育と分野を超えた活動を、評価対象としています。
そして、受賞時には、「自動車リサイクルの輸出向け中古エンジン価格の適正化システムを開発。国内外の同業他社に開放し、技術養成事業も行う。これにより国内外85ヶ国を巻き込む一大プラットフォームを築く。市場拡大と環境保全に寄与し、国連開発計画の主導するBCtAへの加盟が承認された。今秋、国連で持続可能な開発の成功事例としてスピーチを行う」とご紹介いただいています。
大変光栄であることは、言うまでもありません。そして、このような名誉ある賞に恥じないような未来を創造すべく、日々精進していきます。

【ブログ】社員講演会の開催

皆さまこんにちは、社長の近藤です。先月から社員講演会と言う企画を始めました。自らの経験をもとに「働くとは?」を語る企画です。私や会長が皆の前で話すことはあっても、幹部社員の話す機会が多くはないので、働く中で起こった様々な出来事、上手くいかなかったことや失敗を通じて感じたことや学んだことなど、それぞれの経験を共有することで一人一人の成長に繋がればと思っています。

年内までのスケジュールを決めて、先月より始めました。トップバッターは弊社の常務にお願いをしました。常務も最初は戸惑っていましたが、快く引き受けてくれました。

本人からは事前に、会社が変わっていく中で、自分の経験を伝えることが役に立つのであれば嬉しいし、創業者以外で昔からの歴史を一番知っているのが自分なので、その歴史も共有できたら嬉しいと言う声をもらっていました。その歴史の一部を知っている社員の中には、涙ぐむような社員もいました。

普段聞けないような内容もあり、常務の想いを全社員で共有する良い機会ではなかったかと思っています。特に時間を費やして構築してきたKRAシステムに関する話などは、取り組みの目的を改めて共有できたかと思います。

一人一人がそれぞれの人生を歩み、過去を持ち、振り返ればそれぞれの道があります。それを他の人と共有することにより、多くの気づきや学びがあり、仲間意識も生まれてくると思っています。今回の企画を通して、より良い風土づくりに繋げていければと思っています。

【ブログ】今期方針 ~大切にしたいこと~

皆さまこんにちは、社長の近藤です。年初会議で、今期の方針を「相手(あなた)を喜ばせる」「あなたの喜びがわたしの喜びとなる」と社員に発表しました。これは常々創業者である弊社会長が言っている事ですが、今期は、商売の原点に立ち返る必要性を感じ、このような言葉にまとめました。

一昨年は業績的にも厳しい1年でしたが、それを踏まえて昨年は、「尽くす」「Try everything」「周囲に喜びを与える」と言う3つのテーマを持って全社員で取り組みました。その結果業績も回復することができ、これからの未来に向けて様々なチャレンジができたと思っています。その成果は今年以降に現れてくると思いますが、まずは会社としてチャレンジと言う行動を起こせて、とても良かったと感じています。

その取り組みの中には、自社の利益だけを追求するのではなく、国内の自動車リサイクル業界を踏まえたご提案や、世界各国との繋がりの中で生まれた様々なプロジェクトが少しずつ動き出しています。会宝産業には、「幸せの発信基地として、全世界に良い影響を与える」という理念があり、それに従い行動しています。社内でもコミニケーションを重んじ、業務のことを中心に上司と部下の1対1の面談を毎月行なったり、未来に対して意見交換をするような面談も実施しました。

私たちの業界は、以前はくず屋とか解体屋と言われていたことがありますが、諸先輩方の尽力で自動車リサイクル業や静脈産業と言われるようになりました。社員一人一人がそのことに誇りを持ち、今後は循環産業と言うカテゴリーまで押し上げられるようにしていきます。

そのような中で、とても大切なのが商売の原点でもある今年の方針かと思っています。お客様に喜んでいただくためには、私たち一人一人の努力と成長が必要です。そのために「何ができるのか」を考え行動し、その先に思い描く未来を実現していきます。

【ブログ】自動車リサイクル研修(マレーシア)

皆さまこんにちは、社長の近藤です。11月6日から1ヶ月間、当社の国際リサイクル教育センター
(IREC : International Recycling Education Cen-ter )にて、マレーシアから政府高官・大学教授を招聘し、自動車リサイクル研修を行いました。

本研修は、安倍総理とマレーシア政府の間で合意された国家戦略、ルックイースト政策 2.0のプロジェクトの1つとして盛り込まれ、3年間にわたる長期プロジェクトです。第1回目となる今回の研修参加者は、交通省・環境省・能力開発省・マレーシア自動車研究所・現地大学から総計9名となりました。

マレーシア政府は、ルックイースト政策を通じて、政府高官・民間セクターの技術者・学生の人材交流を促進し、日本の成功事例から科学技術に関する知識や専門性を高め、2020年までの高所得国家への目標達成を目指しています。また、日本も技術移転やノウハウの交換を通して、民間企業間の協働を促し、アジアの成長を自国経済開発に取り込むことを目的としています。

マレーシアでは、放置された使用済み自動車が1,900万台以上にも上り、日本のような自動車リサイクル法・関連税制・ガバナンスシステムの施行が急務な課題となっています。

研修の中で、瀬戸内海に浮かぶ島で、日本の負の遺産である「豊島」にも訪問しました。豊島は豊かな自然に囲まれる島でしたが、1980年代に土地を所有するとある事業者が、産業廃棄物(自動車のシュレッダーダストを含む)を大量に投棄する事件が起こりました。この事件を契機に日本で自動車リサイクル法が制定されましたが、90万トンもの廃棄物・土壌汚染処理に14年という歳月と総コスト790億円以上がかかりました。

こうした負の経験をマレーシアで繰り返さないためにも、今回の研修のアウトプットとして、マレーシアでの自動車リサイクル行政に関する2020年までのアクションプランを作成しました。今後は、様々な利害関係者を巻き込んで法律制定に向けたフォローアップが必要です。持続可能なビジネスとしての自動車リサイクルを、より多くの海外に広めていけるように取り組んでいきます。

【ブログ】ビジネス行動要請(BCtA)

皆さまこんにちは、社長の近藤です。会宝産業は、日本の中小企業として初めて、国連開発計画(UNDP)が主導する「ビジネス行動要請(BCtA)」の取り組みに応えるものとして評価され、承認されました。

BCtAとは、国連が提唱する世界の貧困削減や環境保全、雇用創出といった「持続可能な開発目標(SDGs※)」の達成を促進する目的で、企業・政府・開発援助機関が参加するグローバルな取り組みです。

今回の承認理由は、会宝産業の自動車リサイクルの海外展開事業が、商業的成功と持続可能な開発を両立する取り組みとして高く評価されたものです。

世界では、急激な人口拡大と経済発展に伴い、自動車保有台数は約13億台に上ります。一方で、使われなくなった自動車(使用済み自動車:End-of-Life Vehi-cles, ELVs)に必要なインフラ・技術・規制については、ほとんどの国が未整備かつノウハウを持っていません。ELVsの処理は適切な設備と技術がなければ、大変危険で汚い作業を伴います。廃油・鉛による土壌汚染、廃プラスチック・ガラス・タイヤの投棄・野焼きによる環境汚染は大きな社会課題となっており、近隣住民の健康を脅かしています。

会宝産業は、現地の政府・民間企業と協働し自動車リサイクル政策の立案サポートを行い、自動車リサイクル工場設備、生産工程、リサイクル技術・経営ノウハウの技術を総合した自動車リサイクルシステムの提供を行なっています。環境配慮型の自動車リサイクルのバリューチェーンを構築することで、現地の雇用創出にも貢献します。

日本の企業でBCtAへの加盟は、パナソニック、住友化学、損保ジャパン、資生堂、旭化成、味の素、良品計画、ユニチャーム、伊藤忠、サラヤに次いで、会宝産業が11社目になりますが、中小企業としてまた静脈産業としては、初の承認となりました。

当社は、これからもより一層、新興国・開発途上国における自動車リサイクル事業を通じ、グローバルな社会課題の解決に取り組んでまいります。

※SDGsとは、持続可能な世界を実現するために、地球上の誰一人として取り残されない(Leave no one be-hind)ことを誓い、2015年9月の国連サミットで採択され、国連加盟193ヶ国が2016年〜2030年の15年間で達成するために掲げられた開発目標です。

【ブログ】会宝リサイクラーズアライアンス & グローバルフェスタJAPAN 2017

皆さまこんにちは、社長の近藤です。10月10日と11日に、東京と大阪で「会宝リサイクラーズアライアンス」の説明会を行いました。これは自動車リサイクル業の収益性と社会性をお互いに高めていこうと、同業者の皆さまへ呼びかけたものです。同業者同士で競争するのではなく、協調していくことで新たなビジネスモデルを構築したいと考えております。弊社としては強みである輸出の仕組みを同業者の方に公開し、ご活用していただければと考えております。また我々の業界で全国ネットのアライアンスを組むことで、他業界の全国規模の企業様にも新たな提案をしていきたいと考えています。さらに弊社が12年前から試行錯誤し構築してきたKRAシステムについても、情報を公開しご活用いただければと思っています。

説明会には2日間で42社53名の方にお越しいただきました。その中でも多くのご質問やご意見をいただきました。我々の業界は、自動車メーカーのような大企業が存在する業界ではありませんが、志を共にする中小企業が、協調し結束することで新たな未来を創造できると考えています。

また9月30日には、日本最大級の国際協力イベントの「グローバルフェスタJAPAN 2017 」にパネリストとして参加させていただきました。今回のご縁は6月にSDGs(※1)ビジネスアワードでエコシステム賞として表彰していただいたことがきっかけでした。そしてこのイベントの広報大使はあのピコ太郎さんが務められていました。このような場でも我々の業界が果たす責任と可能性について、多くの方に伝えられればと思い、とても有意義な時をいただきました。

※1 SDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)とは、国連に加盟する世界193か国が合意した17の目標、169のターゲットのことです。

【ブログ】9月23日 収穫祭

皆さまこんにちは、社長の近藤です。9月23日に収穫祭を行い、今年も60名近くの人が参加しました。弊社では、春には田植え、秋には収穫祭を行うのが通例となっております。

収穫祭の開催には、食に対する関心と感謝の気持ちを大切にしたいという想いがあります。また作業の一部とはいえ、実際に自分で体験することで、食物を育てる過程がいかに大変かを体感しています。

毎日当たり前のように食べている食事も、食物を作る過程があり、さらに食事を作ってくれる人がいて、初めて成り立つことを再認識できたと思います。家で食べる料理にしても、手間と時間をかけて作ってくれるから、食べられると言うことに感謝しなければと改めて感じました。

弊社は2010年から農業を始めていますが、理由は2つあります。1つは、弊社会長が今後の地球環境を考えたときに、もしかしたら食料不足の時代が来るかもしれない、だから社員や親しい人を守るためです。

もう一つは、生涯働ける会社づくりの実現に向けて、農業にもチャレンジしようというものでした。

この日は、まずはみんなで稲刈りを体験しました。社員はもちろんその家族や海外から来ているバイヤーさんにとっても、良い体験になったかと思います。その後は、新・会宝農園の予定地「邑知の郷公園/約3000坪」の視察と、今年7月7日にオープンした「道の駅 のと千里浜」で昼食会を行いました!

私も含めて参加者は、普段当たり前に感じている食べ物や食事について、気づきと感謝を持つ良いきっかけになりました。

【ブログ】8月6日 会宝リサイくるまつり

皆さまこんにちは、社長の近藤です。8/6に「第7回リサイくるまつり」を開催しました。

今年も1,800人を超えるたくさんの方にお越しいただきました。しかし今年の目標は、来場者数ではなく顧客満足度に設定しました。初心にかえり、みんなで「どんな時でも笑顔」を意識した結果、昨年以上のアンケート結果をいただきました。

また今年は新たな試みも行いました。それは大学とのコラボレーションです。近隣の3つの大学(星稜大学、北陸大学、金沢工業大学)と協力をして、総勢24名の学生の皆さまと共に、お客様をお迎えして、新しい企画も生まれました。それは廃材を使った輪投げコーナーと、私たちが業務で使っている工具等の重量あてクイズです。

今回のコラボレーションで、良い社会人経験の場を提供できたならば幸いです。一方で私たちも若いエネルギーと良い刺激をたくさんいただきました。何でこんなに、はちきれそうな笑顔が出きるんだろうという学生さんもいましたし、今後もこのような関係を大切にしていきたいと考えています。

また昨年同様企業様からのご支援も賜り、今年は県外の企業様からもサポートをいただきました。

そして私たちの業務に即した解体セミナーと言う新しい企画も行いました。お客様からいただいたアンケートには、わからないことを聞く質問コーナーがあって良かったと言う声もいただきました。

この「リサイくるまつり」を通して、リサイクルについて少しでも身近に感じていただき、これからの時代において、大切さを感じていただければ嬉しいと思っています。