NEWS RELEASE ニュースリリース

ALL NEWS

会宝通信メールマガジン

SBTi(Science Based Target Initiative)とは企業に対し、気候変動により、世界の平均気温の上昇を産業革命前と比べ、1.5度に抑えるという目標に向けて温室効果ガス削減目標の設定を推進する取り組みです。

地球温暖化がおよぼす影響は、北極海の海氷の減少、海面水位が上昇、大規模な森林火災や水害などの極端現象や自然災害、干ばつによる食料不足、自然生態系の破壊など今まさに問題となっていることが多くあります。

日本は、2030年度において、温室効果ガスの2013年度からの46%削減を目指すことを宣言するとともに、さらに、50%の高みに向け、挑戦を続けていく決意を表明しています。
その達成に向け、企業による温暖化対策が求められるようになりました。

会宝産業は日本の自動車リサイクル業界で初めてSBTiの認証を受けました。

私たちは温室効果ガスの削減目標の達成に向けて、今使用しているエネルギーを見直し、代替として再生可能エネルギーなどへ切り替え、導入に向けて取り組みを進めています。

ひとりひとりがこの現状を受け止め、意識を変え、行動しなければなりません。
私たちはこの仕事を通し、さらに地球環境保全に貢献していきます。