NEWS RELEASE ニュースリリース

ALL NEWS

会宝通信メールマガジン

皆さまこんにちは社長の近藤です。2019年の11月にインドのアビシェイクグループ(以下「ABC 社」)と合弁会社アビシェイクケーカイホーリサイクラーズ(以下「AKK 社」) を設立しました。

 

そして5月10日に自動車リサイクル工場「AKK factory」の開所式を行い、250人以上の方にご参加いただき、私も現地に行ってきました。開所式ではグプタABCグループ会長、来賓にニティン・ガドカリ道路交通・高速道路大臣ならびに、マノハ・ラール・カッタールハリヤナ州首相をお迎えし、テープカットと工場見学を行いました。

 

グプタ会長は「持続可能な活動を実施し次世代の為に安全でクリーンな世界を創造することにより、広く社会に貢献することを信じています。これがAKK創業の原点です」と挨拶されました。

 

ニティン・ガドカリ道路交通・高速道路大臣からは「ABCグループと会宝産業を激励し、この産業が経済的で実行可能な産業であるという政策を人々に伝えるべく、特別に今日ここに来ています。自動車リサイクルを通じて、新たな付加価値を生み出すことができ、インドにとって非常に重要なことです」とコメントをいただきました。

 

インドでは、廃車政策に伴いELVsの発生増加が予想され、環境に配慮したELVsの適正処理への対応が課題となっています。今後、インド全土で増え続ける ELVs の適切な処理需要に応えるため、会宝産業は自動車リサイクル工場設備、生産工程、リサイクル技術・経営ノウハウの 3 点の技術を総合した自動車リサイクルシステムの提供を行います。

 

本工場の開所を皮切りに、インドにおいて使用済み自動車の環境配慮型リサイクル事業を展開し、今後3年以内にインド全土で7拠点の工場設置を目指していきます。